読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法

海外経験なしの英語初心者が初受験でTOEIC920点、英検準1級、英検1級に合格した方法を教えます

TOEICで900点を取るなら絶対に落としたくない写真問題

スポンサーリンク

TOEICのPART1では、一枚の写真について4つの説明文が読み上げられる問題が出題されます。これは全部で10問用意されていますが、意外とミスが多い問題です。TOEICで900点を取るためには、このパートで8問以上は正解しておきたいところです。

落ち着けば分かるはずなのですが、うまく聞き取れない部分があったせいで一気に崩れてしまったという話は良く聞きます。特に、写真が何を表しているのか理解する前に説明文が流れてしまい、説明文の意味が頭に入らないケースがよくあります。私も最初の頃はPART1が好きではありませんでした。

この問題を解くときのポイントは、できるだけ写真をチェックする時間を確保することです。

解答したら、残りの時間は次の写真をチェックする時間に使いましょう。もちろん、その時間はそれほど長くありません。解答が分かったらすぐにマークして、次の写真を見られるようにしましょう。

ちょっとでも長い時間写真をチェックする時間を確保するテクニックとして、マークシートに解答を記入する際は丁寧に塗りつぶさないという方法があります。

PART1を解いている最中は、後で自分が分かる程度に軽くマークをつけておき、PART1が全て解き終わったとき(PART2の説明中)に丁寧に塗りつぶしを行えば良いのです。

最初はいそがしくて大変かもしれませんが、このような進め方をできるように普段の勉強から練習していけば、決して無駄にはなりません。

大切なことは、普段の勉強から意識的に写真を見る時間を長くしようと心がけることです。すると、いつの間にか自然と写真を長くチェックするやり方に慣れて、いつしか正答率も上がっています。

こういう細かなテクニックを身につけられるのかどうかで、使える時間も変われば、精神的な余裕も出てくるようになります。小さな積み重ねですが、少しでも良い結果を出すためには重要です。

Copyright© 3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法 , 2016-2017 All Rights Reserved.