読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法

海外経験なしの英語初心者が初受験でTOEIC920点、英検準1級、英検1級に合格した方法を教えます

TOEICおすすめ教材

スポンサーリンク

TOEICや英検などの資格試験では教材選びが非常に重要です。なぜなら、効果の低い教材を使っていくら勉強しても成長できる能力は限定的だからです。しかし、効果の高い教材を選ぶことができれば、短い時間でも大幅なスコアをアップさせることが可能になるかもしれません。

私の持論としては、TOEICのスコアに伸び悩んでいる人はもっと教材選びに時間をかけた方が良いと思います。そのような人は、教材を選ぶときはあまり考えずに即決するのに、それを使って必死に勉強している傾向があります。例えば、教材選びにかける時間が1に対して、それを使って勉強をする時間が9という感じです。これを2対8や3対7といった割合に変えることで、同じ総時間でも得られる効果は格段に高くなると思います。

ここではそんな教材選びの時間を短縮するために、私が一発でTOEICの920点を取得する際に役立ったオススメの教材などをご紹介しています。教材ごとに私が使用した感想をレビューしていますので、是非参考にしてみてください。

TOEICでハイスコアを取りたい

教材の対象者

・TOEICでハイスコアを目指して勉強している全ての人

教材のレビュー

TOEICでハイスコアを狙うのであれば、絶対に欠かすことのできない教材です。TOEICの問題を制作しているETSが実際のTOEICテストと同じプロセスで問題を作っているため、この教材の問題を繰り返し解くことで本番の試験に慣れることができます。帰国子女や留学経験のある人と違って絶対的に英語力が劣っている我々がTOEICで勝つためには、最高の教材を使ってきちんと対策をすることが大切です。逆を言えば、この教材を上手く使いこなせなければTOEICで900点を取ることは難しいでしょう。また、新公式問題集は現時点でVol.1からVol.6まで6冊販売されていますが、迷わずに全て購入することをおすすめします。多少お金はかかりますが、その分の価値はある教材だと思います。もし全て購入できないのであれば、最新のバージョンから順に購入していきましょう。基本的にどこの書店でも販売されていますから、持っていない人は早めに用意してください。
⇒ TOEICテスト新公式問題集


TOEICのリスニングパートで正答率を上げたい

f:id:houhou584:20150430183455j:plain

教材の対象者

・リスニングパートの問題が苦手な人
・TOEICで500点から900点以上のハイスコアを目標としている人

教材のレビュー

言わずと知れたリスニング力を高めるために欠かすことの出来ない人気教材です。有名な芸能人が多数使用していたり、テレビや雑誌でも取り上げられていたりと、知名度に関しては圧倒的に高いです。簡単に説明すれば、まず最初にネイティブ英語の発音の特徴をしっかりと学び、その知識をベースに英語を聞く練習を続けることで英語耳を身につけ、最終的にリスニング力をアップさせるという感じです。有名なだけあって教材がしっかり作りこまれており、特にネイティブ英語の発音をここまで丁寧に学べる教材は他に見当たらないという点では、リスニング教材の中でも大変オススメです。海外経験がない日本人がリスニングに苦手意識を持っている理由の一つは、ネイティブ英語が日本語とどのように異なるのか学習しておらず、さらにネイティブ英語の発音に聞き慣れていないからです。私が学校の授業で経験したリスニング教育と言えば、外人の先生と簡単な会話をしたり、授業全体のほんのわずかな時間だけ英語を聞くという程度でした。だからこそ、TOEICのリスニングパートを攻略するためには、一度ネイティブ英語の仕組みについて基礎から学習し、その後にシャドーイングなどを繰り返して英語を聞き取る練習をする、という二段階構成で勉強する必要があるのです。この教材は、特にその一つ目の段階であるネイティブ英語の発音や仕組みを学ぶ点で役に立つのです。この前段階を飛ばしてやみくもにシャドーイングだけ繰り返しても、中々リスニング力が上達しない可能性があります。私が使用した感想としては、難易度的にはリスニングの苦手な初心者でも問題なく使えるレベルだと思います。同じく、TOEICのリスニングに定評がある教材として「スーパーエルマー」があります。こちらは、無料申し込みをするとサンプル教材が届きますので、先にスーパーエルマーの無料サンプルを試してから、合わないようだったらリスニングパワーを購入するという順序が良いと思います。スーパーエルマーは、期限内に返品しないと購入したことになりますから、視聴サンプルだけ欲しい人は、教材が届いたら視聴サンプルを除いて直ぐに返品すると良いでしょう。
⇒ リスニングパワー


TOEICの文法問題を攻略したい

教材の対象者

・TOEICの文法問題が苦手な人
・短期間で手軽にTOEICの文法問題を勉強したい人

教材のレビュー

「すみれ塾」と呼ばれるTOEIC講座を開講しており、TOEIC業界では有名な中村澄子さんが作った教材です。重要なポイントをピンポイントで押さえていることが特徴で、全て解き終わった頃にはTOEICの文法問題がすらすら解けるようになっています。TOEICの文法問題を攻略するためには、本格的で分厚い英文法書を使うよりは、このような教材を使って数多くの良問を解き、知らなかった内容を暗記した方が効率的です。しかも、文庫本サイズで持ち運びも便利になっており、電車やバスの中などすき間時間に使えることもオススメポイントの一つです。集中して取り組めば1冊当たり2時間から3時間位で最後まで解き終わりますが、最後まで進んだからといって満足せず、その後に覚えていない文法についてはきちんと暗記&復習を行いましょう。また、人気教材ということで何冊も販売されていますから、その中から2冊か3冊は解いてみてください。
⇒ TOEIC TEST千本ノック!新形式対策 絶対落とせない鉄板問題編【中村澄子】


短期間でスコアアップさせるテクニックを知りたい

f:id:houhou584:20150512163653j:plain

教材の対象者

・TOEICの各パート別の解き方やテクニックを知りたい人
・TOEICの目標スコアが300点から800点位までの初級から中級レベルの人

教材のレビュー

わずか2週間という短期間で、540人の生徒のスコアを平均200点以上アップさせたTOEICのテクニック本です。TOEICのスコアをある程度まで高めるには上記で紹介した「TOEICテスト新公式問題集」が最適ですが、それには膨大な勉強時間がかかります。この教材は、そんなに時間がないという忙しい人向けに、直ぐにスコアを上げられるようなテクニックを掲載した教材となっています。「TOEICテスト新公式問題集」を使って時間をかけて対策したときのような抜群の効果はありませんが、短い期間でそこそこのスコアアップを図ることができます。特に、Part7の長文読解問題を短時間で解くためのテクニックが参考になるため、リーディングパートが時間内に最後まで解き終わらなくて悩んでいる人は向いているかもしれません。どちらかと言うと初級から中級者向けの教材で、800点以上のハイスコアを目指している人は「ラクラク英語マスター法」をおすすめします。
⇒ Score Up 1-2-3 for the TOEIC ※残念ながら2016/5に販売が終了しました


TOEICで800点以上のハイスコアを取得したい

f:id:houhou584:20150512172841j:plain

教材の対象者

・TOEICで800点以上のトップレベルを目指している人

教材のレビュー

10カ国語をマスターした現役翻訳者が作った英語学習法の人気教材です。人気である証拠に、英語教材ランキングで4年連続No.1を獲得しています。この教材の製作者はTOEIC初受験で980点を取得しており、この教材も「短期間で高い英語力を習得すること」を主眼に作られています。TOEICに特化した教材ではありませんが、英語を聞いたり、話したりするといった純粋な英語力を高め、結果としてTOEICのスコアを上げる効果が期待できます。私がそうであったように、TOEICのスコアを700点から800点近くまで取ることはできるけれど、そこから先に待っている900点の壁を突破することに苦労しているハイレベルの人は、この教材を使って一段階上の英語力を身につけると良いです。なお、当教材に関しては「現役翻訳者が作った4年連続No.1のTOEIC教材」という別記事の中で詳しくレビューを書いていますので、そちらも参考にしてください。
⇒ TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法

Copyright© 3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法 , 2016-2017 All Rights Reserved.