読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法

海外経験なしの英語初心者が初受験でTOEIC920点、英検準1級、英検1級に合格した方法を教えます

TOEICのスコアが自然と上がる体験談を聞きました

最近、会社の同期で外資系企業に転職した友人に会ってきました。会話の流れでTOEICの話題になったのですが、外資系に入ってから受けたTOEICで980点を取ったということでした。同じ会社にいた頃は800点前後だったので、大幅な上昇です。その友人いわく、仕事で大量の英語を読んだり、外国人と会話したり、英語の文章を書いたりしているので、TOEICの問題は簡単ということでした。

やはり、英語を使わなくてはならない環境に身を置けば、英語力は飛躍的に上昇するようです。英語を話したり、書いたりする能力はもちろんのこと、それに伴ってTOEICのスコアも自然とついてきます。TOEICのスコアを上げようと思って、周りに日本人しかいない環境に住みながら一人でTOEICの勉強をしていても、TOEICのスコアは上がるかもしれませんが、英語を話す能力や書く能力はなかなか身につきません、

本来英語は他者とコミュニケーションするためのものですから、それが出来なければ勉強していても少しもったいない気がします。以前TOEICの受験者数が増加していることを話しましたが、大部分が「就職活動・転職活動に必要だから」とうい理由でTOEICを受験しています。

日本人ではない誰かと自由に会話することが出来て、英語を勉強した意味があると思います。しかし、英語を使わなければならない環境に身を置くことは簡単ではありません。例えば、留学しようと思っても費用がかかりますし、日本でやらなければならないこともあるでしょうから簡単ではありません。ましてや社会人にでもなれば、留学なんて会社を辞めなければ厳しいです。会社によっては留学制度を設けている会社もありますが、採用枠は少数ですし、一定期間業務を離れることも難しいです。その難しさゆえ、TOEICのスコアだけを目指してしまうのです。

そう考えると、社会人になる前の若いうちにチャンスだと思ったら積極的に留学しておくべきだと思います。時間があるときに留学しておけば、ある水準までは自然とTOEICのスコアも高くなりますし、英語が話せるようにもなります。そうすれば、大人になってTOEICの勉強だけを必死になってやる必要もありません。

Copyright© 3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法 , 2016 All Rights Reserved.