読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法

海外経験なしの英語初心者が初受験でTOEIC920点、英検準1級、英検1級に合格した方法を教えます

ハイスコアを出す人だけが知っているTOEIC900点を勝ち取るマインド

スポンサーリンク

f:id:houhou584:20150103022750j:plain

f:id:houhou584:20150103022758p:plain 対象レベル
・ TOEIC900点を目指して勉強している人
・ TOEICのスコアがなかなか上がらない人

1. マインドの重要性

皆さんは、「マインド」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

このマインドという言葉は、よくビジネスの現場で使われます。意味は「心、意識」と訳されます。

TOEICで高いスコアを目指す場合、とりわけ900点ともなると、このマインドがとても重要になってきます。TOEICの勉強を日々行う上で、間違った意識で勉強に向かっていると、時間だけが経過して、スコアとして結果に表れないこともありえます。

そこで、今回はTOEICで900点を目指す人に向けた「マインド」についてお話してきます。


2. 脳科学に基づいた勉強法

TOEICで900点を取るためには、大量の英単語や英文法、英語フレーズを覚える必要があります。私は、TOEICで900点を取るまでに、およそ3000〜4000個の英単語を覚えました。

それだけ沢山の英単語を覚えるためには、記憶の仕組みについて知ったうえで、英語学習に対するマインドを持つことが重要になってきます。

2.1. 記憶の仕組み

ここでは、人間が物事を記憶する仕組みについて簡単に説明します。

まず、日々起こる様々なことを一時的に記憶する役目をしているのが、脳の中の「海馬(かいば)」と呼ばれる器官です。しかし、この海馬はあくまで短期的に物事を記憶するだけで、数十分を超える長い期間は記憶することができません。

では、長期記憶はどの器官が行うかと言いますと、「大脳皮質(だいのうひしつ)」と呼ばれる器官が担当します。つまり、海馬で記憶された内容は必要に応じて大脳皮質に送られ、長期記憶として脳に蓄えられます。

f:id:houhou584:20150103022740j:plain

そのため、できるだけ海馬から大脳皮質に電気信号を送ることが大切になってきます。そして、その働きを促すのが、「扁桃体(へんとうたい)」です。扁桃体は大脳皮質の内側にある器官で、喜怒哀楽や好き嫌いを判断する役目を持っています。そして、扁桃体で判断された喜怒哀楽や好き嫌いは海馬に伝わり、それらは大脳皮質に伝わります。

f:id:houhou584:20150103022741j:plain

つまり、喜怒哀楽や好き嫌いの感情が伴った行為は、より大脳皮質に電気信号が伝わりやすくなり、長期間記憶されるのです。

2.2. 記憶の仕組みに基づく英語学習法

では、脳が記憶する仕組みを最大限発揮するためには、どのように勉強するのが良いのでしょうか?

それは、楽しんで勉強するということです。

ただやみくもに勉強を行うのではなく、楽しいと思いながら勉強することが大切です。そうすることで、海馬から大脳皮質に電気信号が伝わり、英単語の意味やリスニング音声などを長期間記憶することが可能です。

2.3. 楽しく勉強するためには

楽しく勉強する一番の方法は、自分なりの勉強方法を確立することです。

他人から言われた方法で嫌々勉強したり、効果があるか疑いながら勉強するのではなく、自分で「これなら効果がありそうだ!」と思った勉強方法を主体的に採用するのです。先ほど説明した偏桃体は、他人から言われたことを行う場合より、自発的に行動をする際により活発になります。

もちろん、英語の教材を購入したり、インターネットで英語の学習法調べることは大切です。自分ひとりで出来ることなどたかが知れています。しかし、そこで学んだ知識を実践するときは、効果があると思って実践することがポイントになってきます。

私が実践した基本的な英語の学習スタイルは、下記の通りです。

 1、自分の弱点を克服する勉強のプランを考える
 2、そのプランを実践する

見て分かる通り、何も難しいことはやっていません。まず始めに、自分には現在何が足りていないか考えます。例えば、覚えている英単語が圧倒的に少ないとか、リスニングで話している音声は聞き取れるけど意味が分からないなど、色々あると思います。そして、足りない点を調べる方法は、英語教材の問題を解いてみるのも良いですし、TOEICの模擬試験を解いてみても良いでしょう。

そこで、自分の弱点は何なのか把握したら、それを克服するための勉強方法とそれを実践する期間を考えます。どんな勉強方法をどれくらいの期間続ければ弱点を克服できるのか、より具体的に考えていきます。例えば、Part5とPart6の文法問題が苦手であれば、文法系の教材3冊を1週間以内に終わらせるといった感じです。

克服プランができたら、後はそれを実践するだけです。そして、弱点克服プランを考える⇒実践する、という流れを何度も繰り返していきます。

決して難しいことではありません。しかし、重要になることは、自分で考えて、自分から実践するということです。自分で弱点を把握して、自分で勉強方法を考えて(もしくは他人が考えた勉強方法を効果があると思って)、自分から実践するのです。


3. 勉強時間は有効的に、勉強期間は短く

TOEICで良いスコアを取りたい、でも仕事や学校が忙しくて勉強する時間がない、そんなジレンマを抱えている人って多いのではないでしょうか。

私もその一人でした。私がTOEICの勉強を始めたのは大学2年のときです。理系の大学に通っていた私は毎日実験のレポートに追われていましたので、勉強する時間があまり取れなかったのです。

しかし、そんな人にありがちな間違いが、勉強する時間がないことを言い訳に長期間を視野に勉強してしまうことです。例えば、毎日1時間ずつ勉強して1年後に900点を取ることを目指すといった感じです。

そのようなマインドで勉強をしている人は、本当に1年間も勉強を続けられる自信があるのでしょうか?1年後に900点を取ることを目指しているなら、それまではずっと勉強を続けなければなりません。半年後に海外に転勤になったり、今より忙しい部署に配属されたりしても、勉強をやめることはできないのです。そのような状況下に置かれた人は、大概勉強することより仕事を優先して、TOEICの勉強はあきらめてしまうのではないでしょうか。

だからこそ、短い期間でTOEIC900点を取ることを目指すことが重要です。

そのためには、通勤時間や就寝前の空いた時間など、すき間時間も効率的に勉強する必要があります。私の場合、ipodにTOEIC公式問題集のリスニング音声を入れ、毎日通学時間中は常に英語を聞くようにしました。往復の通学時間を利用して1〜2時間勉強し、帰宅してからも1〜2時間勉強をしていました。

始めは辛いかもしれませんが、すき間時間に勉強するスタイルに慣れてしまえば、そこまで辛くありません。TOEICで900点を取りたければ、「勉強時間は有効的に、勉強期間は短く」することが大切です。


4. 言い訳が作れる状況を作らない

多くの人は、楽をして勉強したいと考えています。

これは人間であれば仕方がないことですし、個人的には必ずしも悪いことではないと思っています。英語学習に関して言えば、楽をしたいという気持ちがあるからこそ、効率的に学習できる方法を専門家から学ぼうという意欲が生まれ、短期間で成長することもありえます。

しかし、TOEICで900点を目標とするともなると話は変わってきます。これだけの難関に挑むのですから、全く勉強せずに結果が出ることはありえません。

TOEIC900点を目指すのであれば、言い訳が作れる状況を作らないというマインドを持つことが大切です。

この時間は忙しいから、誰かと会うから、掃除をしなければならないから、買い物をしなければならないから。このように勉強をしようとしても、いろいろと理由をつけて遠ざかってしまう人はたくさんいます。

特に社会人の方は気をつけてください。毎日遅くまで残業をしていると、「今日は疲れたからまた明日勉強すればいいや」という気持ちが出てしまい、全く勉強をしない日があると思います。

しかし、それが何度か続くとクセになり、ちょっとでも疲れたら勉強をしないのが当たり前になっていきます。その結果、いつの間にかTOEICで900点が取れなくても別にいいやという気持ちが芽生えていきます。

そのため、この時間なら他にすることはないから勉強に集中できるという枠を作ることが大切です。

例えば通勤時間が長い人は、「通勤時間の1時間は毎日TOEICの勉強をする」と決めれば、その時間帯は勉強に専念することができます。また、通勤時間が短い場合は、朝起きて会社に行く前の1時間勉強してもよいでしょう。朝の時間帯であれば、まだ疲れていないでしょうし、誰にも邪魔されずに勉強することができます。

楽しく勉強することは大切ですが、ラクして勉強しようと考えてはいけません。


5. まとめ

TOEICで900点を取るためには、英語学習にのぞむマインドが大切です。

今回は、下記3つのマインドについて説明してきました。

・楽しく勉強する
・勉強時間は有効的に、勉強期間は短く
・言い訳が作れる状況を作らない

どれも私が実践して効果があったものです。是非、参考にしてみてくださいね。


関連記事

Copyright© 3流大学生がたった一発でTOEIC900点を取得した勉強法 , 2016-2017 All Rights Reserved.